FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳~北穂高岳キレット越え縦走

飛騨泣きを行く
槍ヶ岳から北穂高岳~涸沢
レット越え縦走
に行ってきました。

二日目の槍ヶ岳までの行程で雨に降られましたが、その他はまずまずの天候に恵まれて、
最終日はパノラマコースからの展望も楽しみ、無事に下山しました。

槍ヶ岳山荘にて




南稜からの下り
初日は横尾まで、二日目に槍ヶ岳山荘に泊まり、縦走3日目にいよいよキレット越え。
キレット越えは、まずは南岳から最低鞍部までの下りから始まります。
前方に目的地の北穂を眺めながら、だいぶ高度を下げなくてはなりません。
この下りにも、ハシゴやクサリがあって、初めから緊張を強いられます。

長谷川ピークの通過
こちらは核心部の長谷川ピークを通過しているところ。
両側が切れ落ちた細い稜線で、初めての人はビックリしてしまいますが、
しっかりしたクサリもあって、慎重に通過すれば大丈夫です。
但し、雨が少しでも降っていたりしたら、迷わず戻った方が懸命です。

長谷川ピーク
長谷川ピークを飛騨泣き方向から撮った図。
細い稜線が良く分かります。

北穂高岳山頂
そして北穂高岳山頂で、ホッと一枚。

今回は涸沢まで下ったので、まだこの後に南稜の下りがあります。
南稜(北穂)も、キレットに負けず劣らず事故多発地帯。慎重に下りました。

そして3日目は涸沢に泊まり、
最終日はパノラマコースを通り下山しました。
雲はいくらかありましたが、自分たちが歩いたコースがよく見えて、
充実感たっぷりで無事に上高地までおりました。
皆さんお疲れ様でした。

パノラマコースへ
 ↑晴れていればおすすめのパノラマコース歩き始めに振り返る涸沢。
南岳
 ↑こちらは南岳。
屏風のコルからの展望
 ↑偶然に会ったダンプさんと記念写真。

以上、川名
2008.09/12-15 K&K

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

mtkawana

Author:mtkawana
(社)日本山岳ガイド協会(JMGA)認定
 山岳ガイド・ステージⅡ
 (JMGA旧・上級登攀ガイド)
Neo森羅(旧名:山岳会・森羅)
 創立者・現代表CL
川名 匡(かわなただし)
よろしく。

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンター

2008.02/05~

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

ご連絡はここから…
お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

川名スケジュール・メモ

2015年 …春です!

■企画ガイド
■個人(プライベート)ガイド

お問い合わせお待ちしています。

※参加したい人、連絡ください。
※個人ガイドのご依頼もどうぞ。
★連絡は→上記メールフォームへ

======================

じゃらんnetドミノ・ピザ【PC向けサイト】


エンジョイ~山遊び

ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。