FC2ブログ

天地人のふるさと八海山

八海山
地人のふるさと八海山に登ってきました。
私たちはもう何年も、この秋の紅葉に合わせて登っているのですが、
今回のなんと登山者の多かった事か…
さすが天地人効果でしょう。ビックリの混雑でした。

地蔵岳にて
で、何は無くともまず『地蔵岳でポーズ』です。
何故って、天地人の冒頭タイトルシーンで妻夫木くんがポーズをとっているのがこの地蔵岳ですから。
ヘリコプターをチャーターする予算が無かったので、今回はこれにて我慢です。

胎内くぐり胎内くぐりの入口
普通の登山者がまずスルーしてしまうのがこの胎内くぐりです。
女人堂のすぐ下に有りますが、注意をしていないと通り越してしまいます。
まあ、通り越してもどってことないのですが…半洞窟の穴をくぐると、稜線に舞い戻ります。

八海山稜線
ご覧になって分かるように、とってもいい天気。
しかも、地蔵岳を過ぎてからはさすがに登山者もまばらになってきました。

大日岳の下り
こちらは大日岳の下りです。
ほぼ垂直の25メートルほどの壁を、クサリにつかまって一気に下ります。

さて翌日は「金城山」へ登るつもりが、あいにくの雨となり中止。
金城山を下山して行こうと思っていた「雲洞庵」に行きました。
「雲洞庵」紀行を見たい人は↓をクリックです。

雲洞庵紀行

雲洞庵の山門
平日だというのにすごい数の観光客で賑わっていました。
この雲洞庵は天地人に登場する上杉景勝と直江兼続が幼少時に修行をしたお寺です。
直江兼続が修行時のシーンで、「わしはこんなところに来とうはなかった」という台詞で超有名に…
で、これが↓お寺にあったお土産品の手ぬぐいです。
来とうはなかった手ぬぐい
思わず買いそうになってしまいました…。

雲洞庵木彫りの像
観光客(見学者)達がいなければさぞかし静かで落ち着いたお寺だろう…と、
自分もその一人なのだから文句は言えません。
雲洞庵と金城山の絵図
こちらは、雲洞庵に有った、「雲洞庵と金城山絵図」
雲洞庵は金城山の山麓にあり、雲洞庵の奥山が金城山でした。
ん…また登に来よう。。

直江兼続
「直江兼続像」です。妻夫木くんにはあまり似ていません…。
そしてこれはおまけ↓
黒板のサイン
八海山ロープウェイの駅にある黒板に、妻夫木くん達のサインが有りました。
ロケで訪れた際にサインをして帰ったとか。
大事にシールで保護されていました。

2009.10/24~26 K&K

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

mtkawana

Author:mtkawana
(社)日本山岳ガイド協会(JMGA)認定
 山岳ガイド・ステージⅡ
 (JMGA旧・上級登攀ガイド)
Neo森羅(旧名:山岳会・森羅)
 創立者・現代表CL
川名 匡(かわなただし)
よろしく。

カレンダー(月別)

01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスカウンター

2008.02/05~

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

ご連絡はここから…
お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

川名スケジュール・メモ

2015年 …春です!

■企画ガイド
■個人(プライベート)ガイド

お問い合わせお待ちしています。

※参加したい人、連絡ください。
※個人ガイドのご依頼もどうぞ。
★連絡は→上記メールフォームへ

======================

じゃらんnetドミノ・ピザ【PC向けサイト】


エンジョイ~山遊び

ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム